お知らせ

ネコが背中を。

今日は寝ているとネコが背中やお腹を横切ってくる。飛び越えていかずに歩いて私の体を踏んでいく。小さなネコなので重たくはないが胸やお腹を歩かれると、うっとなって目が覚めることもある。別にネコの通路に寝ているわけでもないのになぜだろう。ネコの気持ちを検索したがはっきり分からない。愛情表現とも書いてあるがそのままスタスタ歩いて行ってしまうし、何か要求しているようにも思えない。もしかしたら『Neko Nihiki(ネコ2匹)』という変わった名前の伊勢のビールを飲んでいたのが何か気に障ったのだろうか。最近、2匹居たネコの古い方が1匹死んでしまって、最初にもらってきたとき、おびえて本棚の裏からなかなか出てこなかったこととか、長男が生まれた日には寒い部屋で1匹で留守番していたこととか、出張で2日間ばかり不在にしたときにはマイナス20℃ぐらいまで気温が下がって、古い借家だったので家の中で水道もオリーブオイルも凍ったけど、ネコは無事で、ただ毛がバサバサになっていて少し怒っていたこととか、咬まれて手が腫れてしまって、ああこれなら得意なやつだ。ネコ咬傷で翌日急に腫れてきたらPasteurella multocida感染症で、ペニシリン系の抗菌薬を使うんだと自宅で点滴したこととか、またおなかとか触りたいなぁとか、静かな部屋で微かに聞こえる鼾とか思い出しながらビールを飲んでいたのだけど。残されたネコは1匹になってしまったことに気がついてるのだろうか。さみしがっている様子は全くなく、明らかにのびのびとリラックスしてるしやっぱり本当に仲が悪かったのだろう。

またネコが背中に乗ってくる。

今日は何だかネコが近い。

【午前受付終了時間】12:00 【午後受付終了時間】18:15
※土曜午後・日曜・祝日は休診日です。
時間 / 曜日
午前 8:45~12:15
午後 15:30~18:30
0586-85-6016
オンライン受付 page top
Copyright2017 TAKAHASHI CLINIC All rights reserved.